移植周期のお休みと父の入院

移植周期のお休みと父の入院 妊活
【これまでの経過】
・タイミング
・低刺激 採卵5個
・体外受精 胚盤胞3個
・低刺激 採卵4個
・体外受精 胚盤胞2個
・子宮筋腫摘出
・凍結融解胚移植①→陰性
・凍結融解胚移植②→陰性
・子宮鏡検査

1週間早いリセット

子宮鏡検査から2週間後、リセットしました。

予定より1週間早いです。
いつもかなり正確な周期なのでとても驚きました。

腹痛などの前兆もなかったし、予想もしていなかったため、一瞬「血尿?」なんて思ってあせりました。

落ち着いて生理が早まったのだと分かり、つい先日「このまま予定通りだと来月のお盆あたりに通院が重なりそう」と心配したことを思い出しました。

そこまで古い家ではないのですが、色々行事やお手伝いで毎年お盆は実家に帰っています。
今年の予定はまだ決まっていませんでしたが、これでかぶらずに済むな、なんて考えていました。

D3受診と卵巣の腫れ

D2での来院を指示されていましたが、休日と重なってしまったためD3に受診。

今までで一番込み合っていて、待合室の席が足りないほどでした。
いつもなら受付後、それほど待たずに呼ばれるのに1時間近く待ちました。

さらに1時間半待ち、ホルモン検査の数値はE2だけ146と高い結果。
またE2です。

先生に「内診しましょう」と言われ、部屋を移動。
様子はモニタで見れましたが、私には良く分かりませんでした。

再び先生とのお話で
「卵巣が腫れているね。今回はお休みしましょう」と言われました。

1週間生理が早かったのは、この腫れが関係しているのでしょうか。
とにかく、また移植が遠のきました。

清算が終わって合計3時間。
延期になったのに検査費は高いし。
外に出たら豪雨、傘なし。
あーあ、な1日でした。

この日のお会計   6,430円
再診       730円
超音波検査   1,700円
ホルモン検査  4,000円

父の入院

父が入院すると連絡がありました。
検査入院とのことだったのですが、驚きました。

検査の結果、後日改めて手術をすることになりましたが、疑いのあったガンではなかったと聞いてほっとしました。

去年の母の足の手術や今回の父の件など、入院や手術などと聞くと本当に心配でしかたありません。

結婚して距離が離れたことで、余計に不安になってしまい、元気な姿を見ると安心します。

自分が年齢を重ねている分、両親も歳をとったなぁと最近しみじみ思います。
少し悲しくもなりますが、いつまでも元気でいて欲しいと思います。

検査入院は短期間だったにもかかわらず、父は非常に退屈だったようです。
LINEでヒマだヒマだと騒いでいました。

次回の入院には、何か退屈しのぎを用意してあげたいなと思います。

治療も進まず、父の入院にも驚きましたが、焦っても仕方ないとあきらめて、しばらくのんびり(いつも通り?)過ごしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました