残り2回の不妊治療費助成金申請と採卵の可能性

残り2回の不妊治療費助成金申請と採卵の可能性 妊活
【これまでの経過】
・タイミング
・低刺激 採卵5個
・体外受精 胚盤胞3個
・低刺激 採卵4個
・体外受精 胚盤胞2個
・子宮筋腫摘出
・凍結融解胚移植①→陰性
・凍結融解胚移植②→陰性
・子宮鏡検査
・凍結融解胚移植③→陰性
・凍結融解胚移植④

助成金申請はあと2回

私の年齢で助成金申請ができるのは3回です。

1回目の申請は、最初の胚移植が終わってすぐにしましたが、
2回目以降はまだしていませんでした。

今回は2回分をまとめて申請する予定です。

申請は内容によって受け取れる金額が異なります。

私の場合、申請するのは以下の2通りです。

①採卵・受精後、凍結胚移植を実施 初回のみ30万円/2回目申請以降15万円
②以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施 7.5万円
(私の居住地域の場合)

1回目の申請は①で行い、30万円の助成金を頂きました。

採卵は2回しているので、あともう1回①で申請して15万円と、②で申請して7.5万円。

合計で52.5万円の受け取りが可能です。

3度目の採卵の可能性

子宮筋腫の手術前に2度の採卵をし、5個の胚盤胞を凍結。

年齢的なリミットもあって、その時はこれ以上の採卵は考えていませんでした。

しかし、3度の移植をしても着床の気配すらないことに、
もう一度採卵をした方が良いのか?という考えが出てきました。

4回目の移植をして、凍結してある胚盤胞が残り1つとなり、
かなり弱気になっているのもあります。

もし採卵するなら、もう一度①での申請が可能です。

差額7.5万円は大きいです。

ただ、問題は助成金申請には期限があるということ。

申請期限は、治療が終了した日の属する年度末(3月)です。

今年初めから胚移植をスタートしましたが、
ここまで時間がかかるとは思いませんでした。

途中で中止になったり、検査をしたり、お休み期間をとったりと、
当初思っていた以上に進みが遅いです。

採卵するなら早い方が良いですが、
今の病院ではこれ以上採卵するつもりはありません。

もし採卵を考えるなら、転院をする必要がありますが、
凍結してある胚盤胞をそのままにはできません。

このままあと2回の胚移植を続け、もし陰性だった場合。
そこからの転院となると、3月末は過ぎてしまう可能性が高いです。

そうなると、今年度の治療分は申請が出来なくなってしまいます。

新たに採卵しようとしても、卵胞が育たないとか、
採卵出来ない可能性もあります。

また、なにより問題なのが私の年齢です。
今度の誕生日がリミットです。

どうしようもないのは分かっていますが、
つくづくもっと早く治療を始めればよかったと思います。

とりあえずの結論と先延ばしと期待

色々考え、病院の方にも相談しました。

結果、

先のことはわからない。
とりあえず確実にもらえるように申請しよう。

ということになりました(笑)

採卵するかしないかは、まだ分かりません。

残りの結果を見てからにしようと思います。

つい胚移植の結果が陰性なことを前提に考えてしまうのが、
どうにもいけないなぁと思います。

このまま続けて、妊娠できないとは思いたくないけれど、
難しいことは分かっています。

マイナス思考になりがちですが、そこはなんとか気持ちを切り替えて、
残りの卵達に期待を持ちたいと思います。

不妊治療実施証明書

先日、病院にお願いしていた助成金申請の為の書類
「不妊治療実施証明書」を受け取ったのですが、後から電話があり、
記入に間違いがあったと言われました。

「訂正するので今度の来院時に持ってきて欲しい」とのことで、
通院日の午前中に持って行きました。

また1週間くらいかかるのかなと思っていたら・・・
なんとその日の夕方に電話があり、書類が出来たとのこと!

半日で作成完了とはびっくりです。
こんなに早く作ってもらえるんだと驚きました。

年度末になると書類作成も多く、遅くなることもあるそうなので、
早めの申請がおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました