基礎体温とは?婦人用体温計と普通の体温計の違い

基礎体温とは?婦人用体温計と普通の体温計の違い 妊活

妊活の必需品といえば体温計です。

普段から自分の基礎体温を計っている人もいれば、妊活をスタートして初めて婦人用体温計の存在を知ったという人もいるのではないでしょうか?

そもそも、基礎体温とは何か?
婦人体温計と普通の体温計では何が違うのか?
くわしく解説していきます。

基礎体温とは何か

基礎体温とは、人が活動するために必要な最小限のエネルギーしか消費していない、安静な状態で測定した体温のこと。

つまり、睡眠時の体温です。

しかし、寝ている間の体温を自分で測るのは難しいため、一般的には起床時の活動前の体温を測ります。

基礎体温は女性ホルモンの影響で低温期高温期があり、それが一定の周期で繰り返しています。

28日周期の場合、2週間くらい低温期が続き、排卵がおこった後に高温期が2週間続きます。

基礎体温から分かること

・生理周期
・排卵周期
・妊娠しやすい時期
・妊娠しているか

基礎体温を記録することは、体の変化を知り、状態を把握する手掛かりとなります。

低温と高温の二相に分かれていれば、排卵があるということが分かります。

しかし、基礎体温がガタガタだったり、高温期のはずが低いままだったり期間が短かったりなどという場合は、ホルモンバランスの乱れが心配です。

排卵がなかったり、卵巣の機能の低下なども考えられますので、病院の受診が必要です。

基礎体温を記録することは、体の変化を知り、状態を把握する手掛かりとなります。
肌荒れやなどの女性特有の周期的な変化やPMS(月経前症候群)に備えることもでき、体調管理をする上でも基礎体温の記録は非常に有効な手段です。

婦人用体温計と普通体温計の違い

婦人用体温計は基礎体温計とも言い、基礎体温を計るための体温計です。

婦人用体温計と普通体温計の違いは、小数点第二位(0.01単位)までの測定が可能かどうかです。

一般的な体温計は小数点第一位(0.1単位)までしか測れませんが、婦人用体温計は小数点第二位まで測ることが可能です。

基礎体温の変化は低温期と高温期で0.3~0.5度程の幅の狭い違いであるため、婦人用体温計でないと正確に測ることが出来ません。

基礎体温の測り方

①目覚めてすぐに体を動かさない状態で測る
・なるべく同じ時間
・4時間程度のまとまった睡眠後
②口内(舌の裏側の付け根)で測る
・口は閉じた状態

目覚めたら体を動かさずに横になったままの状態で計測します。
その為、体温計はあらかじめ枕元などに準備しておく必要があります。

一般的に体温計は脇の下で測りますが、婦人用体温計は口の中で測定します。

脇の下は汗や外気の影響などで体温が変化しやすい為、より正確に測定する為には影響を受けず安定した体温を測定できる口内が最適とされています。

婦人用体温計は普通の体温計の代わりに使えるか?

熱っぽいな、風邪かな?と思った時など、普通の体温計の代わりに婦人用体温計を使うことは出来るのでしょうか?

婦人用体温計を使うことは可能です。
ただし、前述の通り、婦人用体温計は口内で測定します。

体温は脇の下で測定するよりも口内の方が高くなるため、通常よりも高い測定値になる可能性があります。

婦人用体温計はあくまで基礎体温を測るものなので、測定値は参考にする程度にしておくべきです。

また、細菌感染の可能性があるため、家族といえど供用するのは控えましょう。

まとめ

基礎体温は継続して測定することが大切です。
朝の貴重な時間を使うため、負担の少ない短時間で測定が可能な体温計がおすすめです。

また、記録の手間をはぶくメモリタイプデータ転送が可能なものなど、様々な機能やデザインの体温計があります。
アプリを利用すると簡単にグラフを作成出来るなど、とても便利です。

機能によって価格にも差が出ますので、ぜひ自分のライフスタイルにあった体温計を選択して下さい。

タイトルとURLをコピーしました