【D17/BT0】3回目の凍結融解胚移植

【D17/BT0】3回目の凍結融解胚移植 妊活

【これまでの経過】
・タイミング
・低刺激 採卵5個
・体外受精 胚盤胞3個
・低刺激 採卵4個
・体外受精 胚盤胞2個
・子宮筋腫摘出
・凍結融解胚移植①→陰性
・凍結融解胚移植②→陰性
・子宮鏡検査
・凍結融解胚移植③

胚移植当日

11時に病院へ電話し、来院時間の確認をしました。
時間は14時とのこと。
いつもより少し遅めです。

病院は診察時間外なので人が少なく、とても静かでした。

血圧、体温を測り、採血になったのですが、刺す場所が見つけられないとのことで断念されました。

何度も刺すのは避けたい。
上手な人に頼むのでまた後で。
ということで、とてもいさぎ良いあきらめ方でした。

私の腕は刺し場所を見つけにくいらしく、人の交代などが良くあります。
まあ、痛いのは嫌ですし、何度も刺されて腕が赤くなるのも避けたいです。

いつもご迷惑をおかけします、と申し訳ない気持になります。
先日読んだ「血管細い人あるある」のお話には共感しかありませんでした。

融解胚の説明

アシステッドハッチング済み胚盤胞

当日の朝に融解した胚盤胞について説明を受けました。

今回は前回、前々回で融解した1回目採卵の胚とは違い、2回目に採卵した胚です。

凍結時にグレードはBBでしたが、細胞が増えてBAになっているとのこと。
元気が良さそうでなによりです。

これは期待が持てるのでは?と気持ちも高まります。

手術室へ移動

30分ほど待ち、呼ばれてそのまま手術室へ移動しました。

その際、トイレに行ってもいいか聞いたところ、エコーが見やすいので出来ればそのままでと言われました。

特に尿溜めについては言われていなかったのですが、見えやすさに違いがあるならと我慢です。

いつもは下とショーツを脱ぐのですが、今回はスカートのままで良いと言われました。

台に上がってお尻の下のスカートをぐいぐいと上げ、私の方は準備完了。
採血も無事に1度で終わって先生を待ちました。

胚移植はものの5分

すぐに先生がやってきて、移植開始になりました。

あいかわらず最初が痛いです。
痛すぎて力が入ると

「力入れてると余計痛いよ。力抜いて~」
と先生の声。

ぬおー、むりーと思いながらも、深呼吸して力を抜こうと頑張りました。

ほどなくして胚の入ったチューブが運ばれてきて名前の確認。

カテーテルが進んで、なんとなく胚が置かれたような様子を画面で見守ると、あっという間に移植は終わりました。

かなり不鮮明。改めて見てもよく分からない。

チューブに胚が残っていないか確認が終わり、先生は去っていきました。
麻酔もないし、胚移植は本当にあっという間ですね。

この後はプロゲデポー注射をして、今後の薬やスケジュール確認がありました。

横になったまま安静にしていること15分くらい。
この日手術室に流れていたのは、ディズニーのピアノメドレーでした。

この日のお会計       151,660円
胚融解            44,000円
アシステッド・ハッチング   16,500円
胚移植            71,500円
ジュリナ56錠           3,640円
ウトロゲスタン42錠      13,650円
プロゲデポー他 自費       2,370円

高いですねぇ。溜息。

今度こそちゃんと着床してくれますように!

タイトルとURLをコピーしました