3度目の胚移植決定と少しの疲れ

3度目の胚移植決定と少しの疲れ 妊活

【これまでの経過】
・タイミング
・低刺激 採卵5個
・体外受精 胚盤胞3個
・低刺激 採卵4個
・体外受精 胚盤胞2個
・子宮筋腫摘出
・凍結融解胚移植①→陰性
・凍結融解胚移植②→陰性
・子宮鏡検査

D11に病院へ行くと、非常に込み合っていました。
比較的早めに呼ばれ採血されましたが、診察終了までとても時間がかかりました。

内診では、モニタに内膜14.7mmと出ていました。
なかなかの厚みです。

先生とのお話で今周期の胚移植が決まりました。
E2は262です!

前回は別の先生にスケジュールを組んでもらいました。
2回目の移植の時と比べ、だいぶ前倒しな内容です。

担当の先生が見直して変更することはあるのかな、と思いましたが、このままのスケジュールで進めていくようです。

スケジュール
D2     ホルモン検査・内診    
D11    ホルモン検査・内診  
D13    注射     
D17/BT0  融解胚移植

D11以降のジュリナとウトロゲスタンの処方がありました。

実を言うと、D2の夜にジュリナ2錠飲み忘れてしまいました。
余るのも嫌だったので申告。
個数を調整してもらいました。

      ジュリナ         ウトロゲスタン
D2~D8   朝2錠 / 夕2錠
D9      朝3錠 / 夕3錠
D10    朝4錠 / 夕4錠
D11~16  朝2錠 / 夕2錠   D11   昼・夕・夜
                   D12~16 朝・昼・夜
D17/BT0  朝2錠        D17   朝

飲み忘れの翌日からは、当日服用分を目立つ場所に置くようにしています。
反省。

本日のお会計     13,570円
再診(実費)       730円
超音波検査(実費)   1,700円
ホルモン検査(実費)   4,000円
ウトロゲスタン16個   5,600円
ジュリナ22錠      1,540円

あいかわらず高いですね。
薬代も入って余裕の1万越えです。

今回は移植できることになったのでまだ良いですが、中止になった時などは
「高い診療費払って何してるんだろう」なんて思ってしまうことも。

子宮筋腫の手術後、胚移植ができるまで回復を持ち、ホルモン値が高かったり、生理がこなかったり、検査したり、卵巣が腫れていたりと何度もスケジュールが中止になりました。

今回で3回目の胚移植になります。

月に1回、年に12回ほどのチャンスで、1周期、2周期と見送っていると、どんどん時間が過ぎていきます。
気がつくと季節が進み、1年なんてあっという間です。

何だか少し、疲れたなぁなんて思ってしまうこの頃です。

タイトルとURLをコピーしました