今年も来たよ出産報告年賀状!とガレット・デ・ロワ

今年も来たよ出産報告年賀状!とガレット・デ・ロワ 妊活

あけましておめでとうございます。

年末年始もあっという間に過ぎました。

コロナの拡大もあり、いつも以上に静かなお正月でした。

年賀状

今年も写真入り年賀状がそれなりの数届きました。

最近は家族の写真と子供だけの写真と半々くらいでしょうか。

私の両親は毎年家族写真にしていましたが、途中から私と弟は拒否。

が、両親は2人だけの写真で今でも年賀状を出しています。

以前は写真入りにする必要ある?なんて思ってましたが、
仲良く写っている姿を見ると安心します。

さて、最近は少なくなった出産報告入り年賀状。

今年は2件ありました。

1件は夫の同級生、もう1件は夫の会社の後輩です。

会社の後輩さんは2年前に結婚して去年の夏に子供が生まれたとのこと。

なんともうらやましい限りです。

私もそんなライフプランだったはずなんですがね~。おかしいなぁ。

私の友人関係の子供はみんな大きくなっていて、
今年から中学生とか、中には高校生なんて子もいてびっくりです。

時の流れを感じると共に、不妊治療中の私との違いにへこみました。

周回遅れどころではないですよねぇ。

加えて、これから奇跡の妊娠出産が叶ったとして、
ちゃんと育てられるのかとか、体力もつかなとか、
成人するとき私何歳?なんてことも考えたり。

逆に出産のことを考えられるなんて、
私まだあきらめてない!なんて変に前向きになったり。

我ながら浮き沈みの激しい思考回路の年明けでした。

ガレット・デ・ロワ

新年に食べる「ガレット・デ・ロワ」というフランスのお菓子をご存知でしょうか?

中にフェーヴと言われる陶器の人形が入っていて、
切り分けられた中からこのフェーヴが出てきた人は、
王様もしくは女王様として皆に祝福されるという
新年には欠かせないお菓子だそうです。

今年は初めていただける機会がありました。

人形の代わりにアーモンドが入っていたのですが・・・みごと当たりました!

幸先よいというか、良いことが起こりそうな予感です。

去年の今頃は子宮筋腫の手術後の安静期間で、
その後の胚移植に向けて期待が高まっていた時期でした。

年内に妊娠して出産、もしくは翌年の前半には
出産してるかも、なんて思っていました。

甘かったなぁと思います。

今年の初診察はもう少し先になりますが、
胚移植に向けて気持ちは前向きです。

今年一年、無理しない程度にポジティブに、
明るく過ごしたいなと思います。

(画像は「Pixabay」さんを利用しています)

タイトルとURLをコピーしました