【不妊治療費まとめ②】初診~胚移植4回

不妊治療費まとめ② 妊活

治療費の合計

年末ということで、これまでにかかった治療費をまとめてみました。

金額を見てびっくり。

こんなにかかっていたんだなぁと、
改めて不妊治療にお金がかかることを再認識しました。

初診から4回目の胚移植までの内容と金額は以下の通りです。

・初診
・各種検査
・タイミング
・低刺激 採卵5個
・体外受精 胚盤胞3個
・低刺激 採卵4個
・体外受精 胚盤胞2個
・子宮筋腫摘出
・凍結融解胚移植中止
・凍結融解胚移植①
・凍結融解胚移植中止
・凍結融解胚移植②
・子宮鏡検査
・凍結融解胚移植③
・凍結融解胚移植④
  合計 1,648,566 円

うわぁな感じですね。

毎回の受診料が高いなぁとは思っていましたが、
合計金額は衝撃です。

これは1年間の費用ではなく、約2年間分の費用になります。

また、胚凍結更新費用など、各種費用も入っています。

ここから検査・治療費の助成金、子宮筋腫手術の保険金を引くと

費用合計      1,648,566
不妊検査費用助成金   ▲20,000
医療保険給付金   ▲106,000
不妊治療費助成金  ▲300,000 
       計   1,222,566 円

子宮筋腫の摘出手術は、給付金で相殺。

助成金は現在2回目申請中なので、それを含めると合計で115万円ほどになります。

医療費がこんなにかかるなんて・・・。

保険適用外の威力はすさまじいです。

もう少し早く、保険適用して欲しかったとしみじみ思います。

医療費控除は後日予定

医療費控除とは、1/1~12/31までの1年間の医療費を
申告することで所得税が軽減される制度です。

この医療費は、自分および生計をともにする家族の分も対象になります。

控除額は以下の式でもとめられ、上限は200万円です。

医療費合計 - 保険金等の補てん金額 ー 10万円 = 控除額 

確定申告の場合は、翌年の2/16~3/16に申告書を
提出しますが、確定申告の必要ない場合は還付申告を行います。

還付申告の期間は、申告する医療費の翌年1/1から5年間となっています。

このため、多少期間が過ぎていても後から申告することができます。

もちろん我が家は確定申告の必要はないので還付申告。

1年ごとの計算なので、年をまたいでの治療に対する助成金を
どうやって計算するのかなど、今から少し不安です。

来年のことはまだ決めていませんが、
そう遠くない日に不妊治療には区切りをつける・・・
つもりです。

なので落ち着いてからの申告を考えています。

(画像は「Pixabay」さんを利用しています)

タイトルとURLをコピーしました