筋腫摘出後の経過と入院生活

筋腫摘出後の経過 妊活

〈これまで経験した治療について振り返りながら書いています〉

術後1日目、前夜からの吐き気や体調の悪さがまだ残っており、気分は最悪。
午後から流動食となる予定でしたが、ほとんど口もつけられませんでした。
この日から歩行はオッケーのはずでしたがあまり動けなかったです。

術後2日目、朝は全粥、夜には通常食になる予定でしたが食欲がなく、胃薬の点滴をしてもらいました。
この日にやっと背中の針が取れ少し楽になり、本が読める位まで回復。
トイレなども一人で歩いて行けるようになりました。

3日目にはレントゲンと内診があり、経過は順調とのこと。
やっとすこしずつですがまともに食事が出来るようになりました。

看護師さんが食欲のないのを気にかけてくれ、食べやすいうどんなどを手配してくれてとてもありがたかったです。

こちらの病院は食事メニューが和洋中と様々でとても豪華。
食べられない間の分がすごくもったいなかったと後から思いました。

この日からシャワーの許可が出て久々にさっぱりできました。

個室ブースで2か所あり、夕方位から空いている時に利用可能でした。
利用時間は特に決まっていませんでしたが、込み合うこともなかったので良かったです。

念の為、ボディソープとシャンプーは持って行きましたが、備え付けがありました。
バスタオルやドライヤーもあり、持っていったものを使う必要がありませんでした。

入院中に持ってきて良かったのはユニクロのワイヤレスブラ。
ホックなし、肩ひもは幅広でらくちんでした。

着圧ソックスは病院で用意してくれました。
色は白で可愛くはありませんでしたが、そんなに歩き回ったり人に会うこともなかったのでこれで十分でした。
市販品だとメディキュットとかですね。

産婦人科の病棟だったのですが、出産が近い妊婦さんは別の階でした。
私の居た部屋は、同じような婦人科の手術の方や妊婦さんの一時入院などの方がいました。

とても静かで落ち着いた雰囲気だったので、ゆったり過ごす事ができて本当に良かったです。
Wi-Fi完備も高得点でした。

タイトルとURLをコピーしました