2021年1月から助成制度拡大?詳細が知りたい!

2021年1月から助成制度拡大?詳細が知りたい! 不妊治療

不妊治療実施証明書も出来上がり、
あと2回の助成金申請をまとめてしようと思っていた矢先。

2022年度保険適用に加え、2021年1月からの助成制度拡大のニュースが入ってきました。

不妊治療の公的医療保険の適用に向けた政府の工程表が判明した。
2021年1月から現行の助成制度を拡充し、22年4月の保険適用開始を目指す。
11/30(月) 読売新聞オンライン

え、来年1月から?
それって1月以降の治療に対してなの?
それとも申請に対してなの?

申請対象がものすごく気になります。
これは申請を少し待った方が良いのでしょうか?

12月中に検討会議が開かれるとのことなので、
内容決定まではもう少し様子見が必要そうです。

方針としては、保険適用までのつなぎとして助成制度を拡大

現在の初回30万円、2回目以降は15万円支給を、
2回目以降も30万円を維持するというもの。

通算6回(40~42歳は3回)を上限として、出産すれば回数のリセットを検討。

所得制限については撤廃する方針とのことです。

また、保険適用外の先進医療と適用対象の治療の併用
不育症についても険適用を含めた支援策を検討とのことで、
期待は非常に大きいです。

保険適用前のつなぎとは言え、
助成金拡大は非常にありがたいことです。

不妊治療の保険適用については、もう少し先の話なので、
私は恩恵は受けられないなと思っています。

もう少し早く保険適用して欲しかったなー、というのが本音です。

でも、確実に制度改革が進行しているのはとても喜ばしいこと。

不妊治療の経済的負担は本当に大きいです。
時間もかかり心も体も疲弊する中で、さらに高額な治療費という壁。

今治療をしている人も、これから治療を始める人も、
少しでも負担が軽くなることを望みます。

タイトルとURLをコピーしました