リセットと内祝いと不妊脳

リセットと内祝いと不妊脳 妊活

資格試験とリセット

4回目の胚移植の合間に簿記3級の受験をしました。

少しでも前向きな、建設的なことがしたいなー、
という気持ちもあったのですが、思った以上に難しく、
がっつり勉強するはめになりました。

ストレスは天敵なのに、自分から原因を作ってしまったような。

合格できたので良かったですが、肝心の判定日は陰性。

結果が出ないことが辛いです。

不妊治療も、勉強すればちゃんと結果が出る
試験のようであればいいのにと思いました。

判定日から4日目にリセット。

しっかり生理があって、周期も安定していても
妊娠ができる訳ではないんだなぁと今さらながらに思います。

30年の間、毎月大変な思いをしてきたのって
何だったんだろうなんて考えてしまいました。

出産祝いのお返しと写真

さて、何回目かになる義弟のお話です。

少し前になりますが、義弟夫婦から出産祝いのお返しをいただきました。

同年代の友人知人の出産はだいぶ前にピークを迎えていたので内祝いは久々です。

今は本当に色々なお返し物がありますよね。

タオルなどの日用日から、紅茶にお菓子、
名前入りや赤ちゃんの体重と同じ重さのお米などなど。

今回は美味しそうなお菓子の詰め合わせをいただいて喜んでいたら、中の1つが写真入り!

クッキーに赤ちゃんの写真がプリントされていました。

この写真、夫の実家にも飾られていました。

写真屋さんで撮ってパネルにされたものが壁に掛けてありました。

結婚前は何とも思いませんでしたが、
不妊治療をしているとなかなかに気持ちは複雑です。

可愛いし、おめでたいしなんですが、心の隅にもやもやがあります。

素直に祝えない嫌な感情。

赤ちゃんの写真入り年賀状とかも同じですね。

自分がこんな気持ちになるなんて思ってもいませんでした。

たぶん、自分が普通に妊娠して、出産していたら同じようにしていたとは思うんです。

名前入りのお菓子とか、写真入りの年賀状とか。
はっきり言ってあこがれです。

だから余計に考えてしまいます。

不妊脳、不妊思考とでも言うんですかね?
自分でも嫌だなーと思って、余計に落ち込みます。

気持ちの切り替えはなかなか難しいですが、
ちゃんとおめでとうと言える自分でいたいです。

タイトルとURLをコピーしました