腹腔鏡手術で筋腫摘出した当日のこと

子宮筋腫摘出当日 妊活

〈これまで経験した治療について振り返りながら書いています〉

朝、7時頃に検温があり、9時から外来で内診。
朝食は無く、明日の昼までは飲食禁止です。

部屋に戻り、手術前準備の為に浣腸、点滴をして待機。

お義母さんが午前中に来てくれました。
旦那さんが会社の為、術後の説明に間にも合わないのではと心配だったので、お義母さんが居てくれてすごくありがたく心強かったです。

私の両親も来ると言ってくれていたのですが、車の運転が心配なのと交通機関を利用するとかなり時間がかかって大変なので断っていました。
後からやっぱり行けば良かったと言われましたが。

13時頃に手術室へ移動です。
点滴をしながら歩いて移動しました。
なんか思ってたのと違う。(こう、ベッドでガラガラと・・・)

手術室ではまず横向きに背中を丸めるようにして横になり、背骨の隙間に針が打たれました。
痛み止めと麻酔の為らしいです。

今度は仰向けになってマスクをかけられ、全身麻酔です。
「麻酔入れちゃうと呼吸しなくなっちゃうから管いれますからね~」と言われました。

いよいよ手術開始、麻酔がはじまるとスウーと意識が遠のいていきました。

目が覚めた時、まず感じたのが喉の違和感。
管が喉の奥まで差し込まれていて苦しかったです。

手術は無事は終わり、ぼーっとしている間に病室へ戻っていました。

手術中に旦那さんも来てくれていて、お義母さんと二人で術後の説明を聞いてくれたそうです。

病室に戻った時に二人が居てくれたことはなんとなく覚えているのですが、私は体調が悪くなってしまい話すどころではなく。
ひたすら苦しくて気持ち悪くて、吐いたりしながらずっとじたばたうめいていました。

繰り返し苦しんで、眠れたのは夜中頃だったでしょうか。
翌日も体調がすぐれず、背中に管があったので寝返りも出来ず辛かったです。

タイトルとURLをコピーしました