【衝撃】婦人科初受診で不妊治療の開始

不妊治療開始 妊活

婦人科を訪れたのは結婚1年後。
すぐに妊娠すると思っていたけれどあっという間に1年が経ち。

とりあえず病院に行って検査してもらおうかなと、
少し不安、だけどそこまで深刻に思っていませんでした。

40代での妊娠の難しさを知る

今40代で妊娠したという人の話はよく聞くし、
私は生理も正確な周期できているし、
妊娠はそれほど難しくないと正直思っていました。

だから女医さんの
「すぐに不妊治療をはじめた方がいい」の言葉に衝撃を受け、
自分の置かれた現実を知りました。

年齢のことを繰り返し言われました。
へこみました。

そして年齢による卵子の数や質の衰え、妊娠率の低下など、
妊娠や出産に至るまでの難しさを知りました。

子宮筋腫があり、場所が悪いとも言われました。
自覚症状もなかったので本当に驚きました。

まずは基礎体温をつけて下さいと、
体温表と「不妊治療の基礎知識」という冊子を受け取りました。

ちょうど翌週に排卵のタイミングだった為、
「タイミング法で一度様子を見て、次回は旦那さんと受診して下さい」
との指示をもらってその日は終了。

女医さんがなかなかにきつい話し方をしていたこともあり、
かなり落ち込んで帰ったのを覚えています。

旦那さんと一緒に受診

結局また生理が来て、今度は旦那さんと一緒に受診しました。

タイミング法、人工授精、体外受精の説明を聞き、
ホルモン検査を受けました。

翌週に子宮卵管造影検査の予約もしました。

本当に妊娠する事ができるのか、
不安だらけの通院がはじまりました。

これは書いている時点で1年ほど前の事になり、
現在、胚移植出来る手前まできています。

なかなか先に進めず焦りばかりがつのる日々。
しばらく思い出し振り返りながら書いていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました