かもめ食堂のはなし

かもめ食堂のはなし 日々のつぶやき

北欧話がつづきますが、「かもめ食堂」はご存じでしょうか?

群ようこさん原作で、2006年に公開された映画です。

フィンランドのヘルシンキを舞台に繰り広げられる、何とも言えないまったりとした雰囲気が魅力のお話です。

私が印象に残っているのは、「シナモンロール」と「コーヒーの淹れ方」のシーン。

シナモンロール

シナモンロール
一般認識されているシナモンロールはこんな感じ

映画に出てくる食べ物って、特別美味しそうに見えますよね。

かもめ食堂のあの焼きたてのシナモンロールが食べたい!

そう思って探したのですが、パン屋さんにあんまり置いてないんですよね、シナモンロール。

かといって、スタバやカルディで売っているのも少し違う。(あれはあれで美味しい!)

これは作らないと駄目なのかなぁと思いながら今に至ります。

パンは作ったことないので、なんとなくハードル高いんです。

いつかは作りたいと、「私のやりたいことリスト」に載せています。

映画『かもめ食堂』や『めがね』などで人気のフードスタイリスト、飯島奈美さんが映画に登場する料理とシーンを再現した「シネマ食堂」という本があります。

もちろんシナモンロールも載っています!

他にも思わず再現したくなる料理が載っていて、とても楽しい1冊です。

コピ・ルアック

お話の中で、おじさんが美味しいコーヒーの淹れ方を教えてくれるシーンがあります。

ドリップ前のコーヒー粉に指を押しあてて、「コピ・ルアック」とおまじないを唱えてからお湯をそそぐというものです。

コピルアック

これを見てから、コーヒーを淹れる時には指をあてておまじないを唱えています。

なんとなくやらずにはいられないというか。

映画の影響力、というより、私が影響を受けやすい?

でも、同じことをしている人はけっこういるはず、と思っています。

思いがこもるというか、美味しいコーヒーが淹れられそうな気持ちになります。

ちなみに「コピ」はインドネシア語でコーヒー、「ルアック」はマレージャコウネコのこと。

「コピ・ルアック」とは、ジャコウネコの糞から採られる未消化のコーヒー豆のことです。

ネコの糞、というとちょっと引きますが、高級品です。

頂いて飲んだことはありますが…。

ものすごく美味しい!ということはなかったです。(あくまで私見)

タイトルとURLをコピーしました