【簿記3級】主婦の独学合格体験と変わる簿記検定

【簿記3級】 主婦の独学合格体験と 変わる簿記検定 雑記

引きこもることの多い昨今、この機会に少しでもステップアップを目指そうと
簿記3級を受験しました。

簿記資格が人気の理由

「簿記」という資格があることは知っていましたが、
今まで経理関係の仕事はしてこなかったので
特に私には関係ないと思ってきました。

しかし、最近になって少しだけ経理のお仕事のお話があり、
簿記について調べる機会がありました。

簿記資格は、私が名前だけは知っていたように
知名度はものすごく高い資格です。

社会人としての基礎知識ともされているので就職にも有利です。

また、自身で起業しようと考えている人にとっても
確定申告の際に役立ちます。
言葉の意味や仕組みを理解していると手続きがスムーズです。

株取引においても、「貸借対照表」や「損益計算書」などで
企業の経営状態を知ることができます。

まあ、経理関係の仕事もしないし、起業も考えてないよー、
株なんて興味ないよー、という人も多いかとは思います。

しかし、簿記は経済の仕組みを理解する上で
もっとも基本的なことを学ぶことができる為、
とっておいて損のない資格です。

ちなみに、簿記資格は取得すれば更新などはなく、
ずっと資格取得者のままです。

生涯に渡って持てる資格です。

・ 知名度が高い
・ 就職に有利
・ 確定申告が楽
・ 株取引に有利
・ 生涯もてる資格

コロナ禍で変わる受験方法

さて、ずっとここまで簿記資格と言ってきましたが、
正確には「簿記検定」です。

簿記は「帳簿記入」の略。

簿記の検定はいくつかありますが、
一番有名なものが日本商工会議所が主催する「日商簿記検定」です。

受験資格はなく、誰でも受験することが可能です。

検定には、初級、3級、2級、1級と段階があります。

3級からの受験が一般的で、試験では商業簿記の基本的な知識を問われます。

また2級では企業向けの知識、1級になると経営管理や
分析を行えるレベルになり、合格後は税理士試験の受験資格が得られます。

3級の試験は6月・11月・2月の年3回でしたが、
コロナ禍で2020年6月の試験が検定創設以来初の中止となりました。

今後は今までの統一試験(統一試験日に行うペーパー試験)に加え、
ネット試験方式の導入が開始されます。

日本商工会議所
「日商簿記検定試験(2級・3級)へのネット試験方式の追加について」

ネット方式とは言っても、自宅で受験はできません。
商工会議所認定の全国100ヶ所の「テストセンター」での実施となります。

統一試験との違いは、
・ 受験が随時できること
・ 試験時間が90分(統一は120分)
・ 試験内容が受験者ごとに異なること
などです。

ちなみに受験料2,850円(税込)は変わりません。

100点中70点以上の合格基準も同じです。

統一試験では、試験2週間後に合格発表ですが、
ネット試験ではその場で即時判定となります。

統一試験も継続するようなので、これから受験を考えている人は
どちらで受験するかの検討が必要です。

3級は独学合格可能

ここからは私の受験体験記です。

私が受験したのは11月半ばの試験で、勉強開始は9月からです。

約2ヶ月半の勉強期間ですが、1日平均2時間くらい
なるべくまとめて時間をとっては勉強しました。

もちろん、毎日とはいかず、時にまったく勉強しない日もありました。

前半の1ヶ月くらいはテキストを読み、簿記の考え方や用語を学びました。

とりあえず一通り目を通すつもりで、理解度はそこまで深くはありません。

後半の1ヶ月はひたすら問題集で過去問を解きました。

最初はネットで過去問を探して解こうと思いましたが、
解説がなく理解するのが難しかった為、問題集を購入することにしました。

私が使ったテキストと問題集は
「スッキリわかる日商簿記3級」と
「スッキリとける過去+予想問題集」の2冊です。

とても分かりやすい解説で使いやすかったです。

問題集も6回分の過去問題と3回分の予想問題が入っていて、
しっかり対策できました。

第○版と書いてあるように、毎年内容が更新されています。
購入するのであれば、なるべく新しいものをおすすめします。

この問題集がだいたい解ければ、70点以上は取れます。

YouTubeなどでにもたくさん動画があるので参考になります。

しっかり勉強は必要ですが、3級は独学取得が可能です。

失敗したこと

簿記試験は電卓の持ち込みが可能です。
というか、ないと計算が大変です。

最初にどんな電卓がいいのかと検索したところ、
1万円以上もするような高額な電卓がお勧めされていました。

高いものはそれだけ打ちやすさや静かさなど使い心地が違います。

長く使えるので少しお高めでも損ではないですが、
家電量販店などで売っている1,000~3,000円くらいのものでも十分です。

持ち込みに関して「印刷(出力)機能・メロディー(音の出る)機能
・プログラム機能の持ち込みは禁止」となっていますが、
関数電卓のような多機能電卓でなければ大丈夫です。

最初、コンパクトな方が持ち運びに便利かと思い
小さめの電卓を購入しましたが、これが大失敗。

15×10cmくらいのサイズでしたが、使いにくい!

ボタンが押しにくい、液晶が小さくて数字が見にくい、
計算する時に安定しない。

結局買い直しました。

17.5×11cmくらいのサイズです。

数字で見るとあまり変わらなく感じますが、
ひとまわり違うとだいぶ違います。

余裕があれば、液晶部分の角度が動かせるものだと反射が気になりません。

メーカーによってボタンの位置が違うので、
使い慣れているものがあれば同じ配置のものが良いと思います。

12桁がおすすめですが、3級を受験するだけであれば10桁でも大丈夫です。

出来れば実際に見て、触っての購入をお勧めします。

最後に

簿記の基本は仕訳という作業です。

ひたすら仕分けをしていく問題などはとても時間がかかりますが、
これが楽しいと「はまる」人も中にはいるようです。

はまるかどうかはともかく、計画的に勉強を進めれば合格を目指せます。

簿記に興味がある方、資格取得を考えている方、
この機会に受験を考えてみてはいかがでしょうか?

受験の参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました